連箸

箸の上端で連結し、プラスチックの弾力を利用して使用する
連箸がありますが、箸先を開閉する時の支点は、箸を持った
親指の腹の位置になっていると思います。
その位置を自在継手で連結し、箸先が前後左右に動き、また
回転できると違和感が少なく使用できると思います。
ただし精密プリンターでないと造形できないかもしれません。

箸は2本で一対になっていると、歳のせいか手から滑り落ち
ることが度々あります。高齢者が増加し科学がめざましい発
展を遂げ、時代に合わない箸になっていると思うのは私だけ
でしょうか。

商用利用:不許可

投稿日:2016年5月19日

» この作品にコメントする

利用ツール

123D Design
netfabb studio basic

コメント一覧

  1. こうゆうオリジナルの生活サポートグッズいいですね。
    既存の箸にも取り付けられるような構造もできたらいいと思います。

    • コメントありがとうございます。
      よろしければモデリングして、プリンターで
      造形したみていただきたいと思います。
      そしてまたコメントお願い致します。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。