鋳物の型

10年ほど前、100万点以上ある点群を提示され、三角形メッシュ(TIN) を用いてポリゴン化できるか打診がありました。 当時は地形などオーバーハングの無い形状をあらわす点群しか処理 できなかったのですが、今はどんな点群でも処理できます。 ファイルの容量が30MBに制限されているので、点群の数を30万点まで 減らしました。
コメントにはログインが必要です
コメントを投稿してみませんか?
またはログイン
同じユーザーの作品
約17000点の計測点群から三角形で連結した集合体(TIN)を作りました。この三角形群を編集し、不適切な部分を編集しました。最後にテクスチャを投影しました。
Created By isaoishizaka
出品数 5
昔古いダッジの模型データを示され、点群処理で同じようなものを作れないかと問い合わせを受けました。10年ほど前の話です。当時の技術ではできませんでした。今回模型デ…
Created By isaoishizaka
出品数 5
私たちは点群(レーザーその他)データをもとにした形状の再構築を主なターゲットにしています。どんな点群でも処理できますが、容量の制限があるので、小さいファイルを投…
Created By isaoishizaka
出品数 5
研究目的で、あるたんぱく質の一部の模型があれば、役立つといわれています。一つのサンプルです。
Created By isaoishizaka
出品数 5
関連投稿
霧吹きの土台兼ユニバーサル基盤を立てることができます
Created By キタショウ
出品数 2
霧吹き上部に超音波センサーを固定するパーツです
Created By キタショウ
出品数 2
給付金でDMM.makeに外注してみました。安定性には少し欠けるので固定するか、3Dモデルを修正してください。参考にどの程度かかったのか書いておきます。印刷材料…
Created By z-impact
出品数 6
河合教授が学生時代考案したとされる河合接手。きれいに3方向の接続が可能なことから海外では驚きの声が上がりました。ぜひ、2回印刷して技術を体感してくださいませ。
Created By りんご銃
出品数 25