石鹸置き(ニトリ製ジェル吸盤使用)1/2:置き皿

 ニトリ製ジェル吸盤を使用した石鹸置きです。
 ジェル吸盤のフック部が折れてしまったので、有効活用するために製作しました。
 写真ではジェル吸盤のフックが折れていますが、もちろん折れていなくても使用できます。
 別途アップロードしている吸盤ホールド部と合わせて、ネジで組立ます。

参考:
 ニトリ製ジェル吸盤フックについては、別途アップしている「ニトリ製ジェル吸盤フックを使ったシャワーホースホルダー」に写真があります。
 うちのお風呂のタイルは微小な凹凸があるデザインで、普通の吸盤だと1日程度で落ちてしまうのですが、ジェル吸盤は吸着がよく、めったに落ちてこないので多用しています。
 ちなみに、ジェル吸盤を使ったニトリ製石鹸置きは販売されています(吸盤ホールド部のページ3枚目写真参照、右側製品)ので、ジェル吸盤フックを買って石鹸置きを製作するより、はじめから石鹸置きを購入することをお勧めします。

商用利用:不許可

投稿日:2020年9月22日

» この作品にコメントする

利用ツール

 FreeCAD0.16
 使用プリンタ:HICTOP 3DP-17bk
 印刷条件
  材料:ABS樹脂
  shell厚:1.2mm
  Fill密度:30%

コメント一覧

  1. 82 の発言 (2020年9月23日)

    milkteaさん

    投稿ありがとうございます。
    82@管理人です。

    ニトリ製ジェル吸盤使用で、、、いろいろなもの作れますね。
    今度、、アイデアコンテストやりたいですね、

    またの投稿お待ちしております。

    •  お世話になります。
       3Ⅾプリンターで製作した物は、積層方向を引っ張る方向の曲げや引っ張りに対し弱いため、部品を分けることが多々あります。

       できれば、組み立て品は1つの作品としてアップしたいと思います。
       (製品ページで一括ダウンロードさせることが無理なら、ダウンリストメニューで、ダウンロードするファイルを選択する等)

       モデラボを改造中とのことですので、ご検討よろしくお願いします。

      参考:
       今回の石鹸置きも、モデリングは1体構造でもできますが、吸盤側はリングが破綻しない方向で、置き皿側は曲げても折れない方向で印刷する必要がり、それぞれ積層方向が異なるので2つの部品に分けています。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。