See Through Kabuto “TURU-KAME”

戦国時代の武将にどんな兜が欲しいかインタビューしてみました。

武将A「かっこよくて強そうに見える兜が欲しいのぉ」
武将B「兜は重くて、暑いんじゃ・・・もっと風通しのええ兜が欲しいのぉ」
武将C「そうじゃな、他の武将が持ってない目新しい兜がええのぉ」

そんな武将たちの要望にお応えして作ったのがこちら。

See Through Kabuto “TURU-KAME”
(シースルー兜「鶴亀」)

本体は全面唐草模様でシースルーになっております。
末永く国が繁栄しますように、と願いをこめて、金色の亀と銀色の鶴を前立ての飾りにいたしました。
この兜なら、他の武将に自慢できること間違いなしです。

商用利用:不許可

投稿日:2015年6月12日

» この作品にコメントする

利用ツール

Solidworks2014

コメント一覧

  1. 最優秀賞おめでとう御座います!

  2. yuu の発言 (2015年6月15日)

    凄いですねー。仕事でソリワ使ってますけど
    こんな自由なデザインができるとはちょっと思ってなかったです。

    • どうやって作ってるんでしょうね?
      サーフェス作って、唐草模様を転写して、面削除で切抜いて、厚み付けって感じかな?
      上部は1/6作って回転パターンみたいですね
      下部はパッと見はセンター部以外は左右対称みたいだからセンターから左右60°分は回転複写かな…。
      いかにせよ、唐草模様綺麗に繋げるのに手間が掛かってそうですね。

      • さすが…お見通しですね。
        下部はJさんの言うとおり、60度分ほどミラーです。残った部分をその60度のパターンからもう一度並べて、都合のよいところでカットしています。

  3. かっこいい!

  4. 通常価格からモデラボ価格でいくらに割引されるのか気になるw

  5. 鶴と亀の前立てのデザインがいいですね。

    • ありがとうございます!
      自分でも気に入っております。
      なかなか上品な雰囲気に仕上がったと思います。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。