無償3D CAD 5分講座:123D Designで「カー消し」を作る編(2)

>>前回:123D Designで「カー消し」を作る編(1)を読む

立体の側面にクルマのボディをスケッチする

今回は、前回の単なる立体からクルマのボディ形状を作っていきます。

前回、長方形から立体を作った

前回、長方形から立体を作った

画面右上のサイコロ状の物体の「FRONT」と書いてある面をクリックします。すると、先ほど作成した立体を正面から見た状態になります。正面を向いたこの面にスケッチしていきます。

正面にスケッチをしていく

正面にスケッチをしていく

画面上部のメニュー[Sketch]から[Polyline]を選択し、現在正面を向いている“面”をクリックします。

[Polyline]で線を引いていく

[Polyline]で線を引いていく

[Polyline]でスケッチする面を選択する

[Polyline]でスケッチする面を選択する

するとマウスカーソルのカタチが変わりますので、左上から5mm下の位置をクリックします。ここを始点にクルマのボディ形状を描いていきます。なお、[Polyline]を使った線の引き方は前回を参照してください。

始点はここから

始点はここから

始点から、そのまま水平右方向にマウスを移動し、10mmの直線を引きます。さらに続けて斜め45度の右肩上がりの線を引き、そのまま今度は10mmの直線を引きます。その後、斜め45度の右肩下がりの線を引き、そのまままっすぐ下に7mm線を引き、さらに長方形の辺に沿うようにまっすぐ30mmの線を引きます。最後は、垂直方向に7mmの直線を引き、始点につなげます。図のようなクルマの側面形状(みたいなカタチ)になったでしょうか? ここまでできたら[Esc]キーを押して[Polyline]モードから抜けてください。

ぐるりとクルマの側面形状を[Polyline]で描いていく

ぐるりとクルマの側面形状を[Polyline]で描いていく

次に視点を変えます。画面右上にあるサイコロの左上にある[家]マークをクリックして、斜め上から全体を見ているような視点に切り替えます。

立体の側面に描かれた「落書き」のような感じ

立体の側面に描かれた「落書き」のような感じ

それでは、ここからクルマのボディを抜き出しましょう! まず先ほど頑張って描いたクルマの側面らしき図形の“面”部分をマウスクリックします。すると、[歯車]マークが表示されるので、マウスクリック(マウスオーバー)して[Extrude]を選択します。

「落書き」のクルマ側面形状を使って……

「落書き」のクルマ側面形状を使って……

[→(矢印)]マークと、数値を入れられる入力フォームが表示されたら、入力フォーム右側のドロップリストから[Intersect]を選びます。そして、入力フォームに「-12(mm)」を入力して、[Enter]キーを押します。

クルマのボディを抜き出す!!!!

クルマのボディを抜き出す!!!!

それっぽくなった!

それっぽくなった!

いかがでしょうか? なんとなくクルマのカタチに近づいてきましたね。次回は肝心のタイヤを付けたいと思います。

>>次回:123D Designで「カー消し」を作る編(3)を読む