3D素人が夢をかなえるまで(2014/5/13)

「頭に“すし”を身に付けたい」――3D素人が夢をかなえるまで

はじめまして、モデラボ担当、社会人2年目のうでみです。

最近、はじめて自分でデザインしたアクセサリーを3Dプリンタで出力しました。

名付けて「すしピン」です。

01

これがすしピン

 

02

着用画像

ご覧のように「すし」という文字を頭に装着できるというヘアピン。「すし」のみ出力し、セメダインで市販のヘアピンに貼付けました。

かかった時間 …… 2時間
03

かかった費用 …… 700円
04

手にした時

0506

一日中心拍数が上がるほど嬉しかったです。

 

すしピン・レシピ

せっかく作ったので、「すしピンの作り方」を書いてみようと思います。

1.デザインする
デザインというとおこがましいですが、まずデザインと大体の長さを記した設計図を書きました。

07

これを設計図と呼んでしまってすみません。素人なので許してください。

2無料CADをダウンロードする
今回は「PTC Creo Elements/Direct Modeling Express」を使いました。
・ダウンロードサイト⇒http://ja.ptc.com/community/free-downloads.htm

08

こんな画面のものです。

3CADでモデルを作る!
Creoを立ち上げ、実際にモデルを作っていきます。
 
手順は簡単です。

10
① まず画面にMSゴシックで「すし」と打つ
② 書いた文字の周りに手作業で線を引き太くする&サイズを調整する(他に太くする方法もあるのでしょうがわかりませんでした…)
③ 太くした文字をぼこっとさせる

11

「すし」モデルができました

4stlファイルで保存し、DMM.makeに送る
DMM.makeさんの手順に従ってデータを登録します。
DMM.make⇒http://make.dmm.com/

51~2週間待つ

6届く!!!

以上、6工程です。

・・・・・・。

こんなの10分だろ」という方もいらっしゃるかと思いますが、
12
こういう時間が大半だったため、2時間かかりました。

しかし! 何が言いたいかというと、

CAD素人で「何か作りたいけどCADの勉強めんどくさい…」という方でも「すしピン」レベルなら2時間ほどで作成 & 自分で作ったモノを手にする喜びを味わえるということです\(^o^)/

モデラボもスタートになったことですし、プロのみなさんの技術を盗みながら今度は「ひらがなメガネ」を作ろうと画策中です。

13

「ぬ」メガネ デザインの図

自分のPCに眠っているCADデータがわんさかある方も、じゃあ俺は「にく」を作ってみようという初心者の方も、ぜひモデラボで楽しんでください\(^o^)/

>>「モデラボBLOG インデックス」へ