NatureHike 自動インフレーターピロー用漏斗型空気吹き入れアタッチメント

7月に投降したエアーマット型空気入れが大正解で、その時にスタッフの方のコメントで「アタッチメント変えれば他のものに使える」といったアドバイスをいただき、作りました。
NatureHike 自動インフレーターピロー用の空気入れです。
漏斗状のところに口を押し当て、息を吹き入れます。今回は枕に逆止弁がないので、空気を吹き入れながらノズルをひねるという技が要ります。

また、ピローのノズルがギザギザになっているので、2mm厚のクッションテープを写真のように貼り付けます。
2mm厚のクッションテープは、例えば以下
エーモン ショックノンテープ(巻) 幅30mm×1m×厚さ2.0mm 型番 1750

実際にデザインしたのは筒の部分だけですが、データは全体をupします。

参考:7月に投降したエアーマット型空気入れ
https://modelabo.net/6609/

自動インフレーターで、勝手に膨らむピローですが、実際のところ、息を吹き入れないと十分な高さがないんですよね。

商用利用:不許可

投稿日:2020年9月4日

» この作品にコメントする

利用ツール

デザイン:DesignSpark Mechanical 4.0

製作に使ったスライサ:Simplify3D
製作に使ったプリンタ:FlashForge Dreamer

コメント一覧

  1. 82 の発言 (2020年9月8日)

    だにえる・ふらはてぃ さん

    82@管理人です。
    投稿ありがとうございます。

    アタッチメントの件、、ありがとうございます。
    素敵です。

    これからも、、よろしくお願いいたします。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。