走ったよ!?  新幹線風先頭車両

以前投稿したhttps://modelabo.itmedia.co.jp/4444/を
自分で作ってみて不具合を修正しました。主にはギアの噛み合わせのクリアランスを広げています。ウォームギアに刺してた丸棒は不要としました。 これで動かせました。

プリントした部品以外に必要な部品
・タッピングねじ M3x8~10L 4個
・マブチモータ RE-260RA  1個
・プラ丸棒 φ3x40L 2個
・プラ丸棒 φ3x26L 1個
・トグルスイッチ φ6の穴に取付できるもの
・単4電池 1個
・電池の端子と配線は自力でやってください

商用利用:不許可

投稿日:2015年12月12日

» この作品にコメントする

利用ツール

CREO
UP!PLUS2:ABS、積層0.2、ファスト

コメント一覧

  1. すごい!!!!!!

  2. おお!動いた!
    ウォームのスピードが手回しよりずっと速いのでそこが心配だったのですが、大丈夫だったみたいですね。

    • もしかして作られたんですかね?。ありがとうございます。サポートをきれいに除去してサンドペーパーで小さなバリも除去すれば回りますね。 前回のだとけっこうペーパーで磨く必要がありましたが 今回のはだいぶ楽になったはずです。   ギア付きの車輪の接着とか組立性が悪い箇所もありますが おもちゃという割り切りでご勘弁下さい。 後から気付いたんですが接着しなくても丸棒を少しラジオペンチで潰せば適度な圧入になって良い感じです。

      • 作ったのは前回の手回しのギアです。
        よく見たら今回はウォームの形状が改良されてるんですね。
        すばらしいです。

        私もギア形状は作りますが早く回らないところばかりです。
        今回の一連のウォームギアは大変参考になりました。

        • ですよねーw これプリントするとけっこう時間と材料浪費しますからねぇ。
          でもあの手回しが回る事を教えてくれたおかげでプリンターを買う決心がついたので助かりました。 

  3. 実際にプリントするといろいろ出てきますよねw

    出来上がりの精度を追求してましたが実はあきらめ半分…

    業務用なら出来るってわかっているのになぁ

    現在、ホビー用でなんとかならないか模索中w

    • 機械加工には劣りますが精度も外観も耐久性も求めない部品なら十分に使えると思います。とりあえずおもちゃをあれこれ作って3Dプリンターに合った設計ノウハウも蓄積しつつ試作品製作の仕事にも使いたいと考えています。 それにしても光造形とかインクジェット方式とか業務用プリンターが高精度なのはわかりますけど数千万もしていて、あれ導入して採算取れる会社ってすごいですよね。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。