走るかも!?  新幹線風先頭車両

新幹線風先頭車両をモーターライズにしました。
チャレンジャーの方はぜひ挑戦して下さい。
国民的機関車おもちゃのレール上を走らせることができます。
たぶんw

プリントした部品以外に必要な部品
・タッピングねじ M3x8~10L 4個
・マブチモータ RE-260RA  1個
・プラ丸棒 φ3x12L 1個
・プラ丸棒 φ3x40L 2個
・プラ丸棒 φ3x26L 1個
・トグルスイッチ φ6の穴に取付できるもの
・単4電池
・電池の端子と配線は自力でやってください

11/02追記
はすば歯車のねじり角が違っていたので差替え部品をアップししました。 https://modelabo.itmedia.co.jp/4449/

商用利用:不許可

投稿日:2015年10月30日

» この作品にコメントする

利用ツール

creo

コメント一覧

  1. おお、ギアモノですね。

    UP2PLUSでM1の平ギアは作ったことがあります。
    軽くヤスリで整える必要はありますが、何とかなります。
    クリアランスは歯形ではなく軸間で調整したほうが楽です。
    M1なら0.1~0.2mmくらい足しておけばよいかと。

    ウォームはさすがに挑戦したことがないですね。
    平ギアの雰囲気だとM1では難しいかなぁ。
    一度見てみたいですね。

    • コメントありがとうございます。
      UP2で何とかなりますか それはうれしい情報です。
      私も基本的には軸間距離を増やすやり方でやってますが、
      このデータでは平歯車の軸間を+0.2、ウォームは軸間+0.1とし
      さらにウォーム側の溝の幅を+0.1広げています。
      ほんとは溝幅変えたくなかったですが。
      ベンチマークも兼ねて歯車テスト用のデータ作ってみましょうかね。
      プリンター買ったら自分も試したいので。
      今年末セール待ちです あるのか知らないけど。

  2. おぉ、これはホントにいけそうな感じだ
    3Dプリントをガチでするならノズル径分のクリアランス取るといいですよ。
    後は実際のウォームの直進力がどれぐらい悪さするかですねぇ。
    車輪回すだけだから普通にいけそうな気はするけど、どうかなぁ

    • 歯車類の噛み合わせ部にノズル径分のクリアランス取ると言うことですか?
      となるとモジュール1の平歯車の場合だと添付図のようになります。
      ウォームに関しても同様にするとして
      やっぱりプリンタの精度を考えるとこうなるんですかね。

      • プリンターによりますよ~

        フィラメントによっても変わります
        正円を書けないスライサーソフトもあるので、データだけで再現するのは、実は難しいのです。

        • 実際にプリントしながら誤差分を設計に反映させないといかんですね。
          UP+2のスライサーは専用そふとだったと思いますが正円書けますか?

          • 各社の製品と比較したわけではないのですが、かなりいいですよ。
            ただ、水平方向と垂直方向で出来が変わってしまうのは、ご理解ください。

            • かなりいいんですか そうですか
              ありがとございます

              • 聴いた話と僕が使ってるプリンタに対する感じだと、STLの表面をノズルが動く=ノズルの半径分肉が厚くなる→穴径がノズル直径部縮む、軸径がノズル直径分太る
                =片肉でノズル直径分のクリアランスを取ると出来上がりでクリアランス0mmになる(理屈上)
                木の背さんが書いてるように、歯車の場合はもっと条件が複雑になります。
                ウォームの話は機械設計上の特性で、ウォーム自体が軸方向に推進力を持とうとする(ネジ締めの理屈)ので、軸の最終的な抵抗によっては悪さするかもしれないなぁと思ってます。

                • スライサーソフトはノズルの半径分を表面より内側にオフセットしたパスをGコードで出すはずです、 たぶん。
                  例えばノズル径0.4の場合、φ10の円柱だとパスはφ9.6で描き、穴の場合はφ10.4で描いて出来上がりはφ10になると。
                  実際にはマシンのガタやスライスソフトの精度、フィラメント径のばらつきや物性によって誤差が出ると思ってます。
                  歯車はウォームも含めていろいろ試すつもりです

                  • あら、そうですか
                    3DDプリンタ屋さんとの共通見解のつもりでいました
                    僕自身が作った軸穴のプリントも大体そのぐらいだったので、そこは疑って無かったです

  3. 適当ロボくんも可動モデルにw

    • リモコンで動かそうとタミヤのWギヤボックスのサイズに合わせて設計してたんですけどね。高さ230mmにもなって部品構成も添付図のような雰囲気になってきまして。
      2つのピンクの箱がギヤボックスで両輪と両肩は独立して操作できます。
      このサイズだと首やひじも動かしたいけどどうしようかなーと悩んだところで放置いています。現状では首とひじは手で動かせるようにはしていて目にはLEDを配置しています。
      とりあえず新幹線風みたいに1モーターで走るだけのものにしましょうかね。

  4. レベル高いっす! すごいな~

    • 減速比はいくつなんですか?

      構造説明図の色使いがいいなぁw

      • さっそくのコメントありがとうございます。
        減速比は1/28・・・あ やっぱり1:14です。
        このままでは国民的機関車おもちゃの倍くらいの速さになってしまう。
        重さは100g弱になると思うのでトルク的には問題無いはずですが
        コーナーで脱線しますね。

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。